• 2019年11月21日
  • 2019年11月26日

膝を伸ばしてバロック

パリのバロックで、ものすごく注意されたのが膝を伸ばすこと、とにかくピンと伸ばすこと。。そしてあと2キロくらい体重を落とさないといけない。。かな。 そう言えば、東京の原田秀彦先生は、膝を伸ばして床を突き刺す。。という表現をしていたのを思い出し、そういうことなんだ。。頭だけだけど、やっと分かった気がしま […]

  • 2019年11月20日
  • 2019年11月26日

フランス・バロックダンス&イタリア・ルネサンス

5年間のイタリアでのルネサンスダンスを経て、今回パリに舞い戻りました。再びバロックに着手したのは、自分にとっていい時期だったと思います。 先生やダンサー友人と再会し、なんだかホッとしました。イタリア人とは違う身体の見せ方、歩き方、反応の仕方、隣同士の国なのに、文化の違いを深く感じます。 ルネサンスダ […]

  • 2019年11月9日
  • 2019年11月26日

フランスのダンス療法

フランスのダンス療法協会は、ソルボンヌ大学から生まれたもので、パリ・オペラ座のエトワールだった、ウィルフリード・ピオレWilfide Piolletが、この協会の名誉会員の1人だと知りました。 とてもビックリしました。彼女はバロックダンサーでもあったし、こんなところでつながってる。。 先日、バロック […]

  • 2019年11月9日
  • 2019年11月9日

ソルボンヌ大学のダンス療法

ソルボンヌ、Paris第5大学で学生だった時のダンス療法の授業で教授だったフランス・スコット・ビルマンFrance Schott-Billmannと再会。 彼女は、特にアフリカやネーティブアメリカンなどの音楽、ダンス、歌を研究しています。 私の論文担当をしてくれた人は音楽療法の教授でしたので、フラン […]

  • 2019年10月30日
  • 2019年10月30日

ワンコとワフワフ生活

ワンコの朝は、ご飯、そしてお散歩。食べたものを出す。。という順番、そういうしくみ。^^;私は毎朝の目覚まし時計が必要ないのです。まずワンコのペロペロ攻撃とお腹すいた~!のアリア1曲。しぶしぶ起きる。。 どうしても起きられない時は、布団をワンコに被せると、小一時間は静かになります。大音量にフタする感覚 […]

  • 2019年10月23日
  • 2019年10月27日

11月24日(日)竪琴ライアーアンサンブル部

とうとう今年最後のアンサンブル部。まだ楽器を持っていらっしゃらない方も、楽譜が(×?☆)。。の方も、大丈夫かな。。。と不安な方もどうぞ参加してみてください。 今年は、フランスの作品です。中世やルネサンス、バロックそして近代、童謡にシャンソンです。 途中からでも、いつでも参加できるように、ちちんぷいぷ […]

  • 2019年10月23日
  • 2019年10月23日

パリでバロックダンスのルネサンス・・

バロックダンスのルネサンス。。ってなに?そう。。私は。。苦手なクラシックバレエもちょっとずつ再開して、パリでバロックダンスをとうとう再開。久しぶりの人たちと会いました。 イタリアでのルネサンスダンスの舞台から、再びフランスに戻ってみるとかなり新鮮です。 そして違う意味で難しい。。 今年4月20日の東 […]

  • 2019年10月9日
  • 2019年10月12日

〇十年ぶりのタップダンス

クラシック音楽だけしかやってこなかった自分、その栄養剤。 ルネサンス音楽の即興の世界もバロックのリズムも 私の頭の中ではジャズに繋がっていく。 そう、カエルの子はカエル。やっぱりジャズのリズムは好き。 ああいうリズムやハーモニーに触れられるのは、昔からタップ。 バレエを止めた後、代々木の藤井真理子先 […]

  • 2019年10月4日
  • 2019年10月4日

竪琴と神話

この記事は、以前のホームページの4枚目です。 <キノール=竪琴>​ キノールという名前は、ヘブライ語で竪琴という意味だそうです。後述しますが、ダビデがイスラエルの王サウルの前で弾いた楽器です。 王サウルのこころの病を癒したのが、この竪琴だったということです。イスラエル国最大のガラリア湖(淡水)は、人 […]

  • 2019年10月4日
  • 2019年10月4日

竪琴・現代ライアーの話

この記事は、以前のホームページの3枚目です。 <竪琴という名> ​独語 Leier「ライアー」仏語 Lyre「リール」英語 Lyre「ライアー」 ラテン語 Lyra「リラ」 日本語では、「ライアー」と名付けています。 「竪琴」ともいいますね。 <楽器としての竪琴>​弓や矢、石ひじりや槍は、遠くにいる […]