CATEGORY

ダンス

フランスやイタリアのバロックダンスやルネサンスダンスのブログ。

  • 2019年11月21日
  • 2019年11月26日

膝を伸ばしてバロック

パリのバロックで、ものすごく注意されたのが膝を伸ばすこと、とにかくピンと伸ばすこと。。そしてあと2キロくらい体重を落とさないといけない。。かな。 そう言えば、東京の原田秀彦先生は、膝を伸ばして床を突き刺す。。という表現をしていたのを思い出し、そういうことなんだ。。頭だけだけど、やっと分かった気がしま […]

  • 2019年11月20日
  • 2019年11月26日

フランス・バロックダンス&イタリア・ルネサンス

5年間のイタリアでのルネサンスダンスを経て、今回パリに舞い戻りました。再びバロックに着手したのは、自分にとっていい時期だったと思います。 先生やダンサー友人と再会し、なんだかホッとしました。イタリア人とは違う身体の見せ方、歩き方、反応の仕方、隣同士の国なのに、文化の違いを深く感じます。 ルネサンスダ […]

  • 2019年11月9日
  • 2019年11月26日

フランスのダンス療法

フランスのダンス療法協会は、ソルボンヌ大学から生まれたもので、パリ・オペラ座のエトワールだった、ウィルフリード・ピオレWilfide Piolletが、この協会の名誉会員の1人だと知りました。 とてもビックリしました。彼女はバロックダンサーでもあったし、こんなところでつながってる。。 先日、バロック […]

  • 2019年11月9日
  • 2019年11月9日

ソルボンヌ大学のダンス療法

ソルボンヌ、Paris第5大学で学生だった時のダンス療法の授業で教授だったフランス・スコット・ビルマンFrance Schott-Billmannと再会。 彼女は、特にアフリカやネーティブアメリカンなどの音楽、ダンス、歌を研究しています。 私の論文担当をしてくれた人は音楽療法の教授でしたので、フラン […]

  • 2019年10月23日
  • 2019年10月23日

パリでバロックダンスのルネサンス・・

バロックダンスのルネサンス。。ってなに?そう。。私は。。苦手なクラシックバレエもちょっとずつ再開して、パリでバロックダンスをとうとう再開。久しぶりの人たちと会いました。 イタリアでのルネサンスダンスの舞台から、再びフランスに戻ってみるとかなり新鮮です。 そして違う意味で難しい。。 今年4月20日の東 […]

  • 2019年10月9日
  • 2019年10月12日

〇十年ぶりのタップダンス

クラシック音楽だけしかやってこなかった自分、その栄養剤。 ルネサンス音楽の即興の世界もバロックのリズムも 私の頭の中ではジャズに繋がっていく。 そう、カエルの子はカエル。やっぱりジャズのリズムは好き。 ああいうリズムやハーモニーに触れられるのは、昔からタップ。 バレエを止めた後、代々木の藤井真理子先 […]

  • 2019年10月2日
  • 2019年10月15日

バレエ教室の音楽ピッチ&テンポ

CDの音は、平坦で奥行きがなく、それはどうにもならないのだけれど、テンポを変えると一緒にピッチが変ってしまう、ああいう機械、なんとかならないかなあ。 昔からなんだけれど、時おりバレエ教室では、音が出て、踊りが始まってから、ピッチとテンポを変えるという人がいる。。 しかしそれよりもっとすごいことがあっ […]