パリ・オペラ座バレエとダンスセラピー


最近私はパリ・オペラ座のエトワールだった
ウィルフリード・ピオレWilfide Piolletが
フランス・ダンスセラピーの学会
の名誉会員(Le membre honoraire)の1人だと知りました。

ウィルフリード・ピオレはフランスのエトワールバレリーナでしたが、
同時にバロックダンサーでもあったし、
セラピーにも精通していたことを知ったのです。

Wikipediaより抜粋 Wilfrid Piollet, l'étoile de l'Opéra à Paris


ウィルフリードはBarres Flexiblesバール・フレクシブルという
バレエ・メソッド(メソード)を生み出しました。

ちなみに現在、ギョーム・ヤブロンシュカが主宰するバロック・ダンス教室では
このウィルフリード・ピオレのバール・フレクシブルを
バロックダンスの大切なメソッド(メソード)として取り入れています。
ギヨームのおかげで私はそのメソッドに約10年以上前に出会っていました。
しかし長い間、特に強い興味を持つこともなく、
また意味を深く考えたりすることは何もありませんでした。

~ なぜウィルフリードがこのメソッドを作ったのか。。

ウィルフリードのメソッドを解説している本を読んでみると、
それはバレエが上手になるだけではなく、
否、本当の意味で上手になるために、
もっと心の内側に、
自分の精神に向き合うものであることを
それは人間力であることを
ウィルフリードの本では言っていました。
床の上で(センターで)身体のいろいろな動きを内面で感じることによって
心に変化があり身体に変化があるということ。
それは精神の仕事であり、芸術なのだということです。

足をあげるにしてもなぜ高くあげる必要があるのか、
かっこいいから、
誰かがやっているから、
ほめてもらえるから。。?

その意味を考えて心の動きと共に
上手に身体と心と頭を使い、
精神を統一させていくものだと知りました。
それは怪我の予防にもなるのではないかと思います。

長い間存在していたのに見てもいなかったメソッドと
その創始者が目の前にいてセラピーに繋がっていました。

ウィルフリードの功績を知った時、
ギヨームの教えているメソッド内容を思い出し、
すべてが頭の中で繋がったのでした。

バレエは若い年齢で退団していきますが、
若さで表現するだけで終りではなく、
退団してからが本物のダンサー、芸術家なのだ、
音楽家や絵を描く人や彫刻家と同じく、
一生芸術性を深める努力をしていくと知りました。
そういったウィルフリードの功績のおかげで
あまり好きでなかったバレエに深みを感じるようになり、
自分にとってもっと近しく感じるようになってきました。

がんばるのは苦手なのですが、
今回はちょっとだけがんばりたいと思います。

おすすめの記事