MONTH

2019年11月

  • 2019年11月27日
  • 2019年11月27日

竪琴ライアー発表コンサート

2週間になってしまいました。 それは 発表会。。。出演するか、しないか、毎年自由に決めてもらっています。 介護や看護で時間が取れなかったり、病気で難しかったり、仕事や子育てで忙しかったり、そんな気分になれない状態だったり。。 そして そんなちょっと難しい時間を時間を過ごして、また弾こうかなと思ってく […]

  • 2019年11月26日
  • 2019年11月26日

竪琴ライアーアンサンブル部

竪琴ライアーアンサンブル部、雨の日活動。わいわいしながら美容体操、ルネサンスやバロックダンスの基礎を簡単にし、ライアー曲のリズムやテクニック、しぐさに繋げました。 ダンスを取り入れて1年。いつの間にか綺麗に音の上に揃っていました😲12 月15 日のコンサートはフランスものが中心。フラ […]

  • 2019年11月22日
  • 2019年11月26日

カッチーニ「新音楽」

東京で福島さんのカッチーニの日本語解説のプティ・セミナー。私にとって読み難い、リズムも音も分かりにくい黄色の楽譜、「新音楽」が分かりやすく面白かった。 イタリア初期のエスクラマションの話、詩をどれだけ大切にしているのか、それにカッチーニはダンスの歌のことにも触れていて、16世紀の歌付のダンスに、また […]

  • 2019年11月21日
  • 2019年11月26日

膝を伸ばしてバロック

パリのバロックで、ものすごく注意されたのが膝を伸ばすこと、とにかくピンと伸ばすこと。。そしてあと2キロくらい体重を落とさないといけない。。かな。 そう言えば、東京の原田秀彦先生は、膝を伸ばして床を突き刺す。。という表現をしていたのを思い出し、そういうことなんだ。。頭だけだけど、やっと分かった気がしま […]

  • 2019年11月20日
  • 2019年11月26日

フランス・バロックダンス&イタリア・ルネサンス

5年間のイタリアでのルネサンスダンスを経て、今回パリに舞い戻りました。再びバロックに着手したのは、自分にとっていい時期だったと思います。 先生やダンサー友人と再会し、なんだかホッとしました。イタリア人とは違う身体の見せ方、歩き方、反応の仕方、隣同士の国なのに、文化の違いを深く感じます。 ルネサンスダ […]

  • 2019年11月9日
  • 2019年11月26日

フランスのダンス療法

フランスのダンス療法協会は、ソルボンヌ大学から生まれたもので、パリ・オペラ座のエトワールだった、ウィルフリード・ピオレWilfide Piolletが、この協会の名誉会員の1人だと知りました。 とてもビックリしました。彼女はバロックダンサーでもあったし、こんなところでつながってる。。 先日、バロック […]

  • 2019年11月9日
  • 2019年11月9日

ソルボンヌ大学のダンス療法

ソルボンヌ、Paris第5大学で学生だった時のダンス療法の授業で教授だったフランス・スコット・ビルマンFrance Schott-Billmannと再会。 彼女は、特にアフリカやネーティブアメリカンなどの音楽、ダンス、歌を研究しています。 私の論文担当をしてくれた人は音楽療法の教授でしたので、フラン […]