パリでバロックダンスのルネサンス・・

  • 2019年10月23日
  • 2019年10月23日
  • ダンス
  • 19View
  • 0件

バロックダンスのルネサンス。。ってなに?
そう。。私は。。
苦手なクラシックバレエもちょっとずつ再開して、
パリでバロックダンスをとうとう再開。
久しぶりの人たちと会いました。

イタリアでのルネサンスダンスの舞台から、
再びフランスに戻ってみるとかなり新鮮です。

そして違う意味で難しい。。

今年4月20日の東京の公演で、
ダ・ヴィンチがフランスに移ったフランソワ1世の時代から、
自分の頭は、一気にフランス・バロックになってしまい、
5年ぶりくらいになるのかな。。再び踊ろうと思いました。

バロックは、ルネサンス音楽よりも音の返りが速いし、
表現は、エステティックな面を大切にするのはもちろんのこと、
より上手に身体を使うテクニックが必要なようで、
結局、ラモーのエキリーブルに終始するのかな。。
そしてそれがここフランスの多くの研究者ダンサーが
挑んでいることなのかな。。
とまあこれは、私の勝手な解釈ですが。。

肩甲骨Omoplatesの使い方や腕のアンドゥオール、甲の使い方などなど、
何度言われてもできず、自分の不器用さがあらわに。。そして少しパニック。。

笑。。結局、筋肉痛。

秋休みは、こうして寒い冬を迎えるのであるよ。

最新情報をチェックしよう!