〇十年ぶりのタップダンス

  • 2019年10月9日
  • 2019年10月12日
  • ダンス
  • 27View
  • 0件

クラシック音楽だけしかやってこなかった自分、その栄養剤。
ルネサンス音楽の即興の世界もバロックのリズムも
私の頭の中ではジャズに繋がっていく。
そう、カエルの子はカエル。やっぱりジャズのリズムは好き。

ああいうリズムやハーモニーに触れられるのは、昔からタップ。
バレエを止めた後、代々木の藤井真理子先生のスタジオに通っていました。

でも結婚と共にとにかく全部止めちゃって、
少しだけパリのマレのダンス学校とかでやったけど、長続きせず。

去年、戸棚の奥に入れてあった靴を見て唖然。。
内側ビニールがボロボロ。。ポロポロ。。ショック!
表はカビだらけ。。ごめんよ、靴。。

東中野にお店があると知り、さっそく買いに行きました。
でも再開するのに1年。。
なかなか勇気はわかないもの。。

そしてやっとこさ、一番近所にあるスタジオに自転車こいで行きました。
念願のレッスン!ジャ~ン。。
おそるおそる行ってみたレッスンスタジオ。
玉野和紀先生という人。。
緻密で華やか。
マンツーマン指導してもらったら、
私の頭ぐるぐる。。左右の足もぐるぐる。。
そしてMaco先生という人。。
明るくて楽しかった。

しかし一番大切なこと、忘れてました。
タップは、足先振って、ずっとぴょんぴょん飛んでいるんだった。。
心臓が飛び出そうになりました。

母のこと、今年の春になってやっと、
10年以上かかったけど、やっとゆるやかな気持ちになり、
そして10月の父の命日も過ぎ、お寺も行って、
なんだか気持ちもほっとしたな。
2人でいろんな天国旅行でもしているのかな。。
と思えるようになりました。
時間って年取るだけじゃなくて、忘れさせてくれるありがたいもんです。

新しく買ったパソコンが壊れてしまい、交換入替え中。
フランス出発が遅くなっています。
今回は、バロック・イン・Paris。
あっ、でもミラノもルネサンス・ダンス、寄るよ。

最新情報をチェックしよう!