バレエ教室の音楽ピッチ&テンポ

CDの音は、平坦で奥行きがなく、
それはどうにもならないのだけれど、
テンポを変えると一緒にピッチが変ってしまう、
ああいう機械、なんとかならないかなあ。

昔からなんだけれど、時おりバレエ教室では、
音が出て、踊りが始まってから、
ピッチとテンポを変えるという人がいる。。

しかしそれよりもっとすごいことがあった。

踊りの途中。。あれは多分17小節目に入る時なのかな。。
上半身を大きく回すゆっくりした動きに変るたびに
突然半音未満下げる。。という経験をした。

ものすごくぎもじわるい。。

別に音楽に対して強い思い入れがあるわけじゃないし、
固定ドではないのだけど、あまりにもしゅごい。。泣

なんだか音楽がかわいそう。
演奏していた人もかわいそう。

もし生演奏であれば最初からやり直すか、
途中からだったら、動きと音を合わせるところを一緒に探すだろう。
こういう時間こそ、踊りには大切だと思うのだけど、
それは時間がもったいないのでしょうか?

昔、自分が日本でバレエピアニストのバイトをした時を思い出した。
それでも生演奏だからいいとも限らないと思ったこともあるんだ。
なぜならパリのバレエ学校のピアノは調律してないし、
先生がピアニストに翻弄される場面も見たことがあるし。。

でも音楽を乱雑に扱わないで欲しいなあ。
かわいそうで泣いちゃうよ!

と少し私は怒っている。

高校の時にクラシックバレエを辞めてしまった理由がここにあり、
なんとかいい方法とか、改善とかできないのかな。。

最新情報をチェックしよう!