ワンエンドツーエンドスリーエンドフォーエンド
ツーエンドツエンドスリーエンドフォーエンドスリー・・
すごい早口言葉。。
え~~~、英語、英語!
数えられない~!と言ったら、
それを聞いていた隣の20才代の子が、
「日本舞踊やっているんですね。
英語が苦手だって言ったから。。」
だって。
そこか。。
あ~、驚いた。
中学の必須(武道かの選択)になったダンス。
体育の先生が、教えているらしい。
で、ヒップホップは、絶対に知っとくべきもの。。らしい。
ツメコミ教育→ゆとり教育→
今は、「生きる力」教育なんだそうだ。
みなさま、こんにちは。
今日は、そのヒップホップの練習があったので行ってきました。
基本ステップの組み合わせとヴァリエーションがたくさんあるようで。。
まるで16世紀イタリアルネサンスダンスのガイヤール!!
男の子グループは、華麗なステップを競い合い、
曲が終ると「イエ~!!」と大盛り上がり。
考えてみたら、ルネサンス時代のダンスも、
あの頃のトレンドだったんだな。
あのノリが、現在のルネサンスダンスに欲しいものです。
次回のダンス部は、みんなノッてるかい?から、始めるか。。
4拍子系だから、ガイヤールにはならないけれど、
リプレーザをサイドステップと言ってもいいな。
ランニングマンは、トランゴ、カデンツァの繰り返し。。
クロスステップ、サンドランジ。。おもしろかったです。。
16世紀の若者が、毎朝、ガイヤールを練習した気持ち、
今日、はじめて分かった気がしました。
でも私は、一生ヒップホップは、やる事はないでしょう。
おすすめの記事