みなさま、こんにちは。
いかがお過ごしですか?
ミラノーパリ。。そして。。LCC、バンザイ!
人と人が手をつなぐ、お互いのエネルギーを感じる。。
絵画も、彫刻も、
その表現があり、その世界観があって、
動きとして表す、それがダンスなのだと思います。
格好でもなく、ただ楽しいという表面的なものでもなく。。


20180224_103723 (1)


うわべの美しさ。。でもなく。。
突き動かされるもの。。
それは、「恐れおおさ」だと友人が言った。。
今回、ミラノ近郊で、16世紀を踊った時、
丸いと思い込んでいた自分のこころは、決して丸くなく、
すごくいびつだと知りました。
それを認めるまで、まだ時間がかかっています。
何か、自分の魂の深い部分に触れたのかもしれず、
恐れおおさに、身体もこころもひるんでいます。
恐れおののいている自分と対峙中。。かな。。
目の前にあるものを観るだけで、言葉も出ず、身体も動かない。。。
フランス人の中で踊るイタリアルネサンスダンスと
イタリア人の中で踊るイタリアルネサンスダンス。。
そして今回は、フランスに長年住んでいるイタリア友人と
イタリアルネサンスダンスを踊る事ができ、興味深い。。
彼女は、フランスバロックも踊る人です。
隣同士の国なのに、この感覚の違い。。
ましてや、私は、東洋人。。
言葉で言い表す事は難しいけれど、
私の身体は、ひとつひとつ知っていっているのだろうか。。
フランスでも、日本でも、イタリアルネサンスダンスを踊れるのに、
わざわざイタリアまで行って、自分は何をしているのだろう。。
そんな葛藤の中にいます。
これからずっと自分にできる事と言えば、
この「恐れおおさ」を忘れずにいる事かもしれません。
ダンスでも音楽でも、ライアーでも、絵画でも、
人のこころの底にある "たましい"に触れ合って。。
物まねや人まねではなく、
自己顕示でもなく、快楽だけでもなく。。。
としたら。。さて。。私は、どこに行きつくのであろうか。。笑
みなさま、ステキな日をお過ごしくださいね。
おすすめの記事