今年も12月。
たくさんの自動断捨離があった年でした。
必要なものが近づき、
不必要なものは遠のく。
これは、自然の流れなのでしょうがね。
突然なくなっちゃうと、ほんと、ショックです。
自然淘汰というのも、自然の掟なのですね。。
その時、愛をやさしさと勘違いしてはいけないのですね。
たくさんの罪を犯しながら生きているのは、
この地球上、人間だけなのかもしれないなぁ。。
私は、どこの宗教にも入りませんが、
「自然」の掟には、逆らう事はやめたいなと思っています。
名を取るか、実を取るか。。
両方か、それとも両方とも取らないか。。
縁の続くものは、本当に細い細い線であったり、
偶然が折り重なるようにできているものだと
つくづく思いました。
スーパーな偶然。。
。。なんか、すべて組み込まれているみたいにね。。
まあ、それまでは、ちゃんとなにかしらの、
いい方向への努力をしていかないといけないんだろうけど。
私は、今まで、「こころの成長」という言葉を
乱雑に使っていたと思いました。
よく考えてみれば、意味の分からない言葉です。
大学の心理学の授業で、
Developpement(成長)という言葉がよく出たのですが、
果たして、なんのDeveloppementなのか。
成長は、成長する目標がないとできないんじゃないの?
たとえば、葉っぱをいくつつけるか、花をいくつ咲かせるとか、
どのくらい茎が伸びるとか。。
思うに、
多分だけれど、
だからそれは
人間にたとえると、
「視野の広さ」
と言った方がいいのではないかな、
と思うようになったわけです。
その根底は、
興味、好奇心、わくわく。。
まるで子供のように。。
いつまでも、そんなこころ、忘れたくないものですなあ。
おすすめの記事