午後も引き続き雨が。。。ざざざっ。。しとしと。。ぽたぽた
なかなか寒い日となりました。
今年のびっくりは、ライアーの生徒さんたちが、
なぜか踊り出してしまったこと。。
ルネサンスダンス。

20171015-5.jpg
<持参した療法用の太鼓が、ルネサンス笛の音色と共に早変わり> 

20171015-4.jpg
<そして歩きました、今回も。。>


今回は、ヨガを入れて、ダンスのためのからだづくり。
波のヨガは、気持ちのいいバイブレーションを身体の中で感じ、
男性にも向くヨガのようです。
そういえば、男性も、ゆらゆらゆったり気持ちよさそうでした。
下半身をしっかり作り、上半身は柔らかく、
声楽にもよさそうで、また武道の振り霊のようでもありました。
Amiちゃんインストラクターの静かで柔らかな声が、居心地の良さを倍増。
ありがとう、Amiちゃん!
これ、長く続けられるといいなあ、思いました。

20171015-3.jpg 
<物陰で悪い事してるわけじゃない。。> 

20171015-2.jpg
<ユラユラ気持ちいい。。波ヨガのイタリア~ンヨガ(オダカ・ヨガ)>


以前から、こういったものを組込みたかったので、嬉しかったです。
ヨガでは急きょ、ライアーが登場。
即興 ア・ラ・玉ねぎの皮。
(玉ねぎの皮風に何重も音が重なるような即興という意味で。。^ ^;)
でも、このヨガには、ライアーよりも、
自然な音、海の音や海の鳥や風の音が似あうなと思いました。
見ているだけでも、リゾート気分、とてもいい気分になれるヨガでした。
次回は、私も参加できるかな?
そしてもうひとつの新しいことは。。
今回は、楽師さんが来てくれたことでした。
新しいパソコンに入った音楽探しにてんやわんやしていたら、
演奏しましょうか?
なになに?おおお~~!
私の目は、ほっそりとヤギのような三日月のようになりました。
さすが、そくダンシング演奏!
わあ~、日本で生演~。
音楽を全く知らない友人が、音が安定してるね~。。と。
あのさぁ、プロなんだけど。。と返事をしたら、
やっぱりそうかぁ~。。と感慨深くうなづいていました。
しかし私の方は、内容的に反省点多し。。
いや、多すぎでしょ。。
自分が、伝えたいことが、ちゃんとできなかった。。

20171015-1.jpg
<みんなに反省させている姿。。では、ありません。。
一応、助け合いストレッチ>


フランス・バロックダンスと違い、ひとつの振付に使う音楽を変えたり、
即興、作曲をし。。楽器編成を変え。。
楽譜に落とした時の小節線とダンスとの関係性が
まとまらず。。
方向も失い。。
数も数えられなくなった。。。
。。。単なるカエル。。ゲコッ。。。
15世紀の振付師のひとり、エルブレオは。。
『精神の歓びのある、芸術的、科学的(人間科学かな)なダンス、
内省をしたり、本当のこころを感じること、知ること、
ダンスの本当の意味は、ここにある。。というような事を言っています。』
なんて哲学的、心理的、そして療法的なのでしょう!!とひとりで感激。
この基本を忘れずにいられたらなと思います。
もし私が、なにか付け加えるのを許されるのであれば、
学問、理論よりも前に生まれた、
「ひとつの文化の中の生きた、自由な身体の使い方」
を探求していきたいと思います。
その上に、振付をのせられるといいなあ。。
この部分が、自分の中でゆらいでしまうので、
ダンスを通して、そういった事を香りと共に伝えられたらいいなと思います。
10月末は、ルネサンスダンスを踊る機会があります。
精神的にもまた、より大きく成長して、
人生の中に、生活の中にある芸術表現のひとつとしてのダンスを
経験していきたいと思います。
フランスよりも保守的に感じるイタリア。。
言葉の壁もあり、まだ数年。。期間も短いし、
そう感じるのは仕方ないのかもしれないけれど。。
次回の日本でのルネサンスダンスワークショップは、
12月3日です。
どきどきわくわくの、歓びの多いワクワクショップで。
おすすめの記事