帰仏して、多忙な日々でございました。
で、今日は、やっとひと息の日。。
なのに、パリは37度ですって~~~。
体温より熱い。。
うちのワンコは、ああ。。その辺に倒れています~。
今回、佐賀県の野中元右衛門さんの150年式典の、
式が始まる前の「レクイエム」という形で、
ライアーを弾かせていただきました。
ライアーでのソロコンサートは現時点では行っていないのですが、
野中元右衛門さんの人生をお聴きし、心を強く動かされました。
一昨年より、お話は伺っていたのですが、
音のイメージの方が、なかなかできずにいました。
それでまずは、野中元右衛門さんのお墓を訪れる事にしました。
小さな丘の上に日本語のお墓がポツンと1つだけ。。
これは、泣けました。
まったく知らない方なのに、涙が止まりませんでした。
外国で、さぞや苦しくて、悲しくて、悔しくて、寂しかったんだろうな。。
具合が悪くても言葉の壁もあり、迷惑を考え、我慢したのかな。。
そう想像していくと、自身の若い頃、
一番初めてのパリ留学時の生活を思い出しました。
なんでも、自分の経験や考えを元に、共感というのはあるんだと
そんな事もぼんやり考えました。
知らない方の前では、初めてのソロライアー演奏でしたが、
NHKテレビさんも入り、神主さん、雅楽奏者の方々、とすばらしい式典でした。
担当の方やオルガニストとの出会いもありました。


Lyre8 (2)
<あわわ。。人がたくさん。。。の反応。。>


野中元右衛門さんは、薬剤師だったそうです。
明治時代にあった、パリでの博覧会に参加するために
2か月間、船に揺られ、マルセイユに到着後、
今度は乗り物(馬車かな?)に揺られ、パリに到着した翌日、
ホテルで亡くなってしまいました。
ですから、博覧会には参加できなかったのです。
フランス国は、彼の無念をしのび、日本人で初めて、
ペール・ラシェーズ墓地という由緒ある場所に永眠する事になりました。
そして150年という時が経ったのです。。
今回の式典を拝見して、
今なお脈々と続く、野中家、そしてそのご友人、歴史家さんなどのみなさま。。
知らない日本人同志が、パリで出会い、パリに集まり、その偶然なこの瞬間。。
野中元右衛門さんの願いはここにあったのかな、と感じました。
みんななかよく。。助け合って。
喜びにむせび泣いている、そんな勝手な想像をしました。

20170617_21182.jpg
<玄孫の源一郎さんとその娘さん。>


野中元右衛門さんを囲むご家族の会食は、日本食。
美味しかったです。
とても気さくでカッコイイ野中家の玄孫(やしゃご)の源一郎さん、
その娘さんと子供達。
代々薬剤関係で、全員薬学部出身でした。。しゅごい。。
そして、私の新しいお友達もできました。

received_10212850007828556.jpeg
<あたらしいおともだち。。>


そして最後に、リハ風景の動画を少しだけ。。と思ったのですが、
Youtube経由でないと掲載が難しかったので。。作成。。
佐賀県の民謡「岳の新太郎さん」。。おしゃれでいい音楽です。



リュリ オペラ ''アルシオン''より 「サラバンド」一部
佐賀民謡 「岳の新太郎さん」
パッへルベル 「カノン」一部
まだ続くのですが、抜粋動画です。
野中元右衛門さんは、パリに、いや、フランスなど、
外国に出かけるすべての方に、いつも遠くから、
ニッコリ笑って見守ってくださるような、そんな気がしました。
おすすめの記事