こんにちは。
動物に引き続き、バグパイプと遊びました。
今回は、バグパイパーの近藤治夫さんに、
たくさんコルヌミューズを見せていただきました。
音もいろいろ!
バグパイプは、フランスが一番種類が多いようで、
『コルヌミューズ』と言い、
トルコの方面から流れて来た楽器とのことです。
私は去年、友人の住む、Berry ベリー地方の音楽祭で
コルヌミューズとダンスをやったのがきっかけで、
出会いました。



<左端が、Arnaud Guenzi アルノー・ゲンジー>




<Berry地方のいろいろなダンス>


なんだか、バグパイプ系の音が好きで、
日本古典楽器のひちりきや
中国民族楽器の笙にも手を出しました。
そう、オナラ系の音(失礼!)が好きなのです。。

20161226_145142.jpg
<近藤治夫さん、参上!いいでしょ?>


トナカイの吹く『カエルの合唱ドローン付き』です。
楽器らしい音になるまで、時間かかります。笑
『カエルのオナラの合唱』か?

20161226_171320.jpg
<カモシカ発 『カエルの合唱ドローン付き』>


来年は、簡単なクリスマスソングを吹きたいです。。
そうそう、山羊さんコルヌミューズもありました。
フイゴで鳴る山羊さんの頭が左右に揺れて、
かわいすぎ~~~!!
いつか欲しいな、近藤さん。。

20161226_154237.jpg
<こんな目で見つめられたら。。つぶらでしょ。。?>


最後に。。余裕のない私の写真を。。

20161226_171203.jpg
<もうちょっと楽しそうなカモシカになりたい。。>


ということで。。
メリークリスマス第2弾でした。
おすすめの記事