みなさま、こんにちは。
台風も去り、気持ちの良い日になりました。
でも、東北や北海道地方は、被害が大きいようで、
心が痛みます。
アトリエには、親子で通ってくる方もいらっしゃいます。
今回は、7歳の男の子がお母さまとアトリエにいらっしゃいました。
男の子は、パリで初めてみた子が初めてで、今回で2人目になります。
彼は、ライアーを弾きたいという夢をいっぱい心に描いていました。
初めての日、ライアーデビュー。
お母さまには、35弦のライアー。。
さて、男の子には、小さい6弦の。。
いやいや彼は、私の41弦のライアーを小さな膝にのせたいと。。
1人で抱っこして弾きました。。
お母さまと取り換えっこしたら不満な顔。。
大きいのがいい!
しかしちょっとでも間違えたと思うと不満な声をあげる。。
そのうちに大興奮。
ボールは蹴るわ、手には2つの楽器を持ち、
お母さまの弾いているライアーにいたずら。。
リズム打ち気分まかせのまばらなリズム。。
そこで即興をしてみました。
楽器を弾く際の小さな約束をしました。
弦は、優しくなでること。
そして好きに弾かせてみると。。
大きなライアーを左手でしっかり持って、
裏から指を伸ばして音を出す。。
右手の動きは。。まるで白いキャンバスに絵を描いているように、
自由でした。
子供は遊びの天才です。
この自由さ。。
この美しさ。。
しばし、お母さまと一緒にため息。。
ん~~、きれいですね~。
表情は、静かに深くなり、
急に大人びた感じでした。
そしてリズムは、一定になってきました。
曲の終りにちゃんと呼吸と一緒に終りのサインの音を出しました。
「どうだったですか?」と聞くと、
「楽しかったです。また弾きたいです。
すっごい練習してすっごい上手になるから、お母さん、買って~!」
続けて彼は
「あとねぇ~、先生は、カエルが好きだと言う事を知りました。」
ですって。
そこか。。
最後にお母さまにカエルの合唱を弾いてもらい、
私は伴奏、彼には、歌ってもらいました。
「ねえ、歌ってくれる?」と頼むと、
彼は、自分が立つ所に足台を重ねて、ちゃんと小さな舞台を作りました。
居心地の良い状態を自分で作って、自分の表現したい事をする。。
自分の存在を大切にできる7歳。
自分の価値を知っている7歳。
想像力。。
創造力。。
年齢と共にだんだんなくなるもの。。
と決めつけず、頭は柔らかくいたいものだと思いました。
おすすめの記事