あれ。。こんな長くぶろぐ投稿してなかったっけ。。
と驚きました。
春ですね~。
みなさま、お元気ですか?
私はと言うと2012年以降、寛解となっていたヤマイ。。
と思いきや、ドカンと来ました。。
身体のあちこち痛くて、具合良くなく、涙ちょちょぎれです。。
自分の母と同じヤマイになるのは、
前々から覚悟していたけど、随分辛かったんだな。。
と感じるこの頃です。
食べる端から、身体に合わず、一体どうなっているのか。。
私が思うに、日本の食品は、
フランスよりも多くの種類、カラフルな食品、
さも美味しそうな物の数々。。数。。
パンを見ると、マーガリン、乳化剤。。
ジュースには、カロリーゼロと称賛されている
甘味料アセスルファムカリウム。
色がきれい過ぎる。。
レンコンも里芋も、漂白剤。。
野菜もきれい過ぎる。。
お魚もお肉も、臭いも少なくて、筋肉なく柔らかい。。
とにかく舌をかみそうな言葉が原材料にあったり、
漢字だけの文字は、注意なのですね。
そういうと、食べ物がない。
食糧がないのです。
スーパーに行っても、無農薬や減農薬のものがないです。
たとえばフランスパンは、小麦粉、塩、酵母、モルトだけで、
老人になって歯がなくなっても、かたいまま。
文句よりも、文化が大事なのですね。
こんなところ、見直すべきではないかと思います。
フランスパンが噛めない人、私など。。は、
お茶につけて食べます。
「ばあばみたい」とからかわれますが、
これは食べるための必要な工夫で、
この工夫は、大切だと思います。
誰かがやってくれる、噛めないから買わないと決めてしまう。。
売れないと困るから、
製作者は、乳化剤を入れ、柔軟剤の代りにマーガリンを入れ、
カビないように保存料を入れる。
あれこれ入れて、『万人が満足する』おいしいパンを作ります。
パンは、クスリ漬け、お肉はふにゃふにゃ。。
畑をやって、鶏を飼って。。
自分で刈って、自分で殺して。。感謝していただく。。
こういう生活が、一番ぜいたくな人生なのかもしれません。
あるようでないもの。。
それは、本当の食品です。
見た目や賞味期限ではなく、身体に合う食品が不足しています。
これは、飢餓と対極にあります。
そしてその対極がつながってしまった。。
そんな状態だと思います。
個人的に、とても大変まずい状況、コワい状態だと感じています。
みなさまは、どう思われますか?
おすすめの記事