みなさま こんにちは。
この週末は、日本の音楽療法学会に出席してきました。
関東地方だけで2000名もの会員らしいです。
スゴイ人数です。。
ここ数年出席していなかったので、
日本の療法の状況はどんな感じに発展しているのか、
興味がありました。
療法が、少しずつ施設や病院に受け入れられはじめ、
療法士の研究発表も、専門的になってきていました。
ヨーロッパの療法との違いや共通点などを見て、
興味深く、大変おもしろかったです。
日本のこうした療法や心理学は、アメリカから来たものです。
精神分析、心理学は、ヨーロッパで生まれ、
海を越えて今日まできました。
未来の医学は、宇宙的な考え方や原始仏教的なこころのあり方が
必要になっていくのではないかと感じました。
宗教を超えた、地球を超えた、目とこころを持つ大切さを知り、
それを伝える事が、療法士の重要な仕事のひとつだと感じました。
耳で見る、目で愛を感じ、鼻で聴く、
口から出る言葉は、こころに触れる。
ないものよりも、自分の持って生まれたものに感謝して、
精一杯使う。
歓ぶ、楽しめることのすばらしさ。。
そんな事も強く感じた学会でした。
ステキな出会いも多くあり、素晴らしいひとときを過ごせました。
電車嫌いの私、いやいや並列席の特急電車に乗り込んで、
すぐシートベルトを探し、
目の前にある折り畳みテーブルは、発車後に開いて、
食事時は、背もたれは戻して、
いつまでたっても地上を走っているので、窓に張りついて。。
なかなか飛ばない飛行機に乗った気分。
そのまま眠くなって夢うつつ。。
起きたらちょうど会場のある駅に到着。。
そして帰宅後は、ノビました。
おすすめの記事