寒さの続く日々。。今日も枯れた葉っぱたちが、散っています。
ハラリ。。ヒラリ。。
一番美しく、ロマンティックなパリの季節です。
2週間の秋休みが始まりました。
私は、クリスティヌ・ベル(Christine Bayle)の
バロックダンスのワークショップを受けにいきました。
この夏、デトロイトの世界ライアー大会で、
ジョン・ビーリングさんグループが弾いてくれた
『グリーンスリーブス』(彼の編曲)に、
バロック風の振付で踊って以来でしたので、
かなり久しぶり、2か月ちょっとぶりでした。
バロック期のダンスは、
主としてヴェルサイユ宮殿で踊られていたものをさし、
必ず振付楽譜が存在します。
楽譜通りに踊ることが、大変重要で、
多くの研究家や舞踏家が、古い資料を発掘して、
現在踊られる宮廷バレエ、いわゆるバロックダンスという、
ひとつのダンス芸術を確立させました。
そしてこの宮廷バレエ(バロックダンス)は、
のち、クラシックバレエへと発展していくのです。
バロックダンスのバレエ教師は、音楽家でもありました。
ポケットバイオリンを奏で、伴奏をつけながら、踊りを教える。。
という挿絵が、楽譜集やバレエの技術の本に残されています。
今回の楽譜には、「サラバンド」とありますが、
クリスティヌは、リズム的音楽的に「ルール」(Loure)だと言っていました。
音楽の種類は、時として、判別するのが難しい場合があるようです。
そして、4分の6拍子。。について。。
これは、夏のライアー世界大会の私のクラスで扱ったリズムでありますが、
彼女は、いいアイデアをくれました。
「最初から、6拍で数える。」
123456
これを
①23④56    の2拍子
①2③4⑤6    の3拍子
アクセントを自由自在に変えられる=
2拍子の演奏(ダンスステップ)、3拍子の演奏(ダンスステップ)
が、いとも簡単にできる。。
というカラクリです。
そしてテンポ。。付点2分音符は、80のテンポ。。
バロックの、特に舞踏は、80がとても大切なテンポだという事でした。
歩いてみると、ゆっくりゆったり歩ける速さです。
いとも優雅でございまする。。
という感じで、4日間、飛んだりはねたりしました。。
(3日目は、場所を間違えて1時間も踊れなかったけど。。)
ワークショップの翌日は、
さすがに起き上がれませんでした。。
ワンコの散歩もままならず。。ハハハ。。
今回は、日本人クラシックバレエダンサーの仲秋亜美さんや
日本人画家・女優のセレスト ガイヤールさんと出会って、
練習時間よりも長いお茶の時間を過ごせて、
いろいろなお話ができ、とても楽しかったです。
久しぶりにゆったりした時間を過ごせました。
世話しない日々の中で見つける時間のオアシス、
みなさまも、どうぞほんの束の間でも
ゆったりしたお時間を作ってみてくださいね。
おすすめの記事