この午後のワークショップは、3回ありました。
ジェネラル・ワークショップで、私のクラスのテーマは、
「ルネサンス音楽」にしました。
このクラスは、若さあふれる16歳、17歳2人、それも双子ちゃん。。
これが。。ん~~、顔が似てて困った。。
そして、ちょうどそのお母さん世代の「大人」が集まりました。
ドイツ人、アメリカ人、日本人、8人でした。
クラスに、ビザが下りずに来られなかった人がいて、
国の厳しさを感じずにはいられませんでした。
今回は、16世紀のフランス音楽を選び、
それを完全5度音程バスとメロディーの編曲をつけていきました。
この曲は、4拍子なのですが、途中、3拍子と2拍子が入り、
とてもエキサイティングな演奏になりました。

CIMG4428-2.jpg
オイリュートミーで「ピース」


若い子が多いので、このリズムのリトミックを取り入れてみると、
エネルギーが有り余っているのを感じたので、
少しリトミック的な、簡単なルネサンスダンスを入れる事にしました。
そして、私が、オイリュートミーで言葉を入れたいから、
1人ひとことを考えて欲しいと言うと、
HOPE, LYRE, PEACEなどなど。。
と、あっという間に8個決まってしまいました。
音楽は、モーニングクラスの演奏する音楽に合わせる事にしました。
モーニングクラスは、練習している3曲のうち、
2曲をシェアリングタイムで考えていたので、
1曲を一緒に何かできます。
スゴイことです!
いつの間にか、名前が「ちゃん」付けになってしまいました。
エネルギーいっぱいのクラスで、
ここでも自助グループが出来上がりました。
助け合いの会話が増えました。
笑いの多い、楽しいグループになりました。
最終日に、みんなで写真を撮りました。
オイリュートミーで「I」を表します。
ピースの「イ」の発音の場所です。
小さいお祈りのような形になっているのも、
ミニチュア「I」です。
こんなに晴々した顔で、このままライアーが演奏できたら、
素晴らしいなと思いました。
おすすめの記事