ごんにぢは。。みなさま。。
今回は、韓国を通って帰国しました。
ソウルが暑くて、歩いているうちに、
手に持っていたコートを失くしてしまいました。
5年くらい着ていた、ノーブランドの安物なのですが、
自分としては気に入っていました。
雨の日も、雪の日も、私を暖めてくれた撥水コートでした。
最後は、疲れた私が椅子にもたれかかった時に、
枕になってくれた優しいコートでした。。
乗り換え時の荷物検査が終った時、コートがないのに気付きました。
暑くて、邪魔だな。。と、ロビーでぞんざいに扱ったのを反省しました。
検査員に申し出たら、切符にイミグレのハンコを捺してくれて、
再度ロビーに出してくれました。
「私のコートや~い!」と探して歩き回りました。
あの子は、誰かに持っていかれたのかもしれないと、
ふと頭をよぎりました。
乗り換え便の時間は、どんどん差し迫り、
私は焦って、汗だくで、喉がカラカラになりました。
自分が歩いてきた道を戻っていって。。ああ、でも時間が。。
時計を見た時、私は、もうあきらめようと思いました。
人々が、私を信用し、協力してくれて、ロビーに出る事ができました。
それに、私をもう十分に暖めて、優しくしてくれたコートだから、
今度は、違う人を暖めてあげるんだな、なんて思いました。
あのコートが、誰かの手に渡って、大切にされる事を願おうと思いました。
自分が、暑いからと言って、大切にしなかったから、
コートは、私に別れを告げたんだと知り、
寂しい気持ちでいっぱいになりましたが、
私は、無事に日本に戻る事ができたので、良しとしようと思いました。
でも、成田の外に出たら、震えるくらい寒くて。。
あのコートが恋しくて、泣けてしまいました。
やっぱりコート。。帰ってきておくれよ、という心境です。
心って、本当にコロコロ変るものです。
ここで一句。
《 ニッポンの 気まぐれ春に コート恋し 》
ちょっと字余りでございます。
あとひとつ。。
《 冬コート 旅先々を いのってる 》
とまあ、こんな感じで。。
最後に
《 納豆を 3パック一緒に 食べちゃった 》
《 ついでに 大福 うまかった 》
これでシメです。
それでは、みなさま、良い日をお過ごしください。
おすすめの記事