雨。。なんだか喉がカスカスして、咳ばかり出ます。
身体が痛くて、ヨタヨタ歩いていたら、
家から10分離れた駅までの道が分からなくなって迷ってしまい、
30分もメトロを探してしました。。
私、だいじょうぶか~?
6日間続いたセミナーも最終日となりました。
昔は、武士(騎士)でも一般人でも、
戦いの時は、兵士となり、男性にとってのダンスは、
武のための身体づくりでもあり、楽しみでもあったのだと思います。
それが少しずつ貴族のダンスになっていったようです。
そして女性は、カローゾの改訂版の教本の題名にもあるように、
女性の品格をダンスの中に求めています。
ルネサンス・ダンスは、
音をさせないで動作することが大切なダンスです。
すり足は、とても大切な足運びのテクニックのひとつです。
武道の中でも、特に弓道に似ているなと思います。
パヴァーヌにしても、音を立てて歩きません。
すり足や音を立てないで歩く事とは全く反対の動き、
飛んで両足ケンケンするグロッポ、
ソットピエーデなど、足を投げ出したり、
フロレッテに入る時に、シャンジュマンのような足運びが入ったり、
タップを踏むような早い足の動きが多くあります。
これはよく見ると、馬の足の動きに似ているなあ。。と思いました。
この静と動が上手に組み合わさって、8小節ずつで、
ひとつのパターンのダンスが出来上がっています。
16小節のパターンのヴァリエーションもあり、
5小節目と9小節目が、左右対の動きになっており、
音楽の旋律の中で、数が数えにくく、覚えるのが大変でした。
皆がざわめいたし、時間もなかったため、
とうとうこの部分は、却下となりました。。。残念。。
100年ずつで、踊り方に違いがあるように、
15世紀と16世紀は、挨拶の仕方にも違いがあります。
最後の日の最後の曲で、相手役に挨拶(レヴェランツァ)をした時、
ほっとして思わず頭を下げて、日本人特有の挨拶をしてしまいました。
それを見たブルーナは、音楽の最後の音が消える前に、
「そりゃ、ないっしょ~~!!」と間髪入れずに言ってきました。^^;
怒られると怒られるほど、もっと頭を下げてしまい、
自分は、日本民族なんだなあ。。と強く感じました。。。^^+
でもものすごく楽しかったし、学ぶことがたくさんありました。
感謝です。^^





今回は、5回に分けて、イタリア・ルネサンス・ダンスのことを
ブログにしてみました。
マニアックな内容も多くあったと思いますが、
こんな世界もあるんだあ。。と心のどこかに閉まっておいてみて下さい。
イタリアは、ピザやスパゲッティーも最高ですが、
このきらびやかなトスカーナを中心にした文化は、
数学的でエステティックな感覚に対して敏感で、
その歴史の古さと豊かさに感動するばかりです。
そして15世紀、16世紀には、発明された印刷という技術によって、
本が出版され、現在私たちがそれを読み解きながら、
音楽を楽しめる。。そんな驚きの中で至福な時を過ごせて、
本当にしあわせです。
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
それでは
チャオ!
おすすめの記事