みなさま、こんにちは。
今朝、ふと目を覚ましたら、なんだか東京にいる気分になっていて、
近所のスーパーに黒糖パンを買いに行こうかと思ってしまいました。
外を見ると、シトシト雨が降っていて、
東京と似たお天気だったんだな。。とがっかりしました。
さて、今日は、ルネサンスダンスの「プリエ」の続きについてです。
「プリエ」は、がに股になる事、ひざを曲げる事です。
15世紀から16世紀にルネサンスというひとつの華々しい文化が、
イタリアを中心に広がっていきました。
数年前、フランス・バロック・ダンスの会議で大きな話題となった、
プリエの位置はどこにあるか、という事が、
ルネサンスの世界でもあるとのことでした。
ブルーナは、小節頭の1拍目のちょっと前に素早く入れるプリエが
良いと言っていました。
分かりやすく言えば、3拍子の曲の3拍目は、プリエではなく、
プリエは、次の小節の1拍目に入る、ほんの一瞬前に入るもので、
次の小節の1拍目の用意だという事です。
準備運動をしている時、ブルーナが流してくれた
モンテヴェルディは、ルネサンスが終りを告げ、
バロック期に入るか入らないかに活躍した作曲家ですが、
アウフタクト(弱拍から始まる。)が含まれて作られていました。
小節の最後または、フレーズ終りに、音と言葉の「シメ」があって、
ニュートラルな状態です。
それを考えると、普通に「タン タン タン ウン」(セグイト)で、普通に歩いたとして、
動作は、プリエで終るのではなくて、
両足は、前後にあるものの、両足とも膝を伸ばして、
動作し終る、歩き終る=ニュートラルな状態になる事を意味しているのだと思います。
私は、このプリエは、吸気の瞬間と同じだと思うので、
プリエで終るのではなくて、プリエは、次の用意。。始まりだと思います。
プリエは、1拍に満たない、あくまでも次の動作の「兆し」を表しています。
言語で言うと、イタリア語やフランス語の冠詞の音だったり、
歌や楽器でいう呼気の一瞬だと思います。
ルネサンス時代のダンスから、
プリエの意味を次の動きの準備と考えていて、
そこに、糸を紡ぐような「間」となり、その繊細さや美しさを求める趣向が、
ヨーロッパには、脈々と流れているのではないかと思います。
そして、このプリエによって、頭の高さが変る。。
身長が低くなったり、高くなったりすることで、
ルネサンス・ダンスの美しさを表しているのでしょう。
もうちょっと続き。。。です。。^ ^+
おすすめの記事