みなさま、こんにちは。
この秋は、声楽の先生との再会によって、
人や自分自身の人生を深く考えられる、
良い機会になったと思います。
赦す事が、一番感情の中で難しいし、
深い愛情に触れられる唯一の感情なんだと思いました。
自分の周りを見回してみると、
動物とかの方が、赦しのこころを持っているのかな。。と思いました。
ショコラッピーの方が、高い心だったりするのかも。。
11月に入ってすぐ、長~い間、見たかった紅葉を見に行きました。
10年以上ぶりでした。
感激!
本当にきれいでした。^^
葉っぱって、黄色や赤や茶色や緑があるんですね~。
ちょっと赤い葉っぱ達に、AKI印に並んでもらいました。

CIMG2525-1Aki.jpg


並べるだけで、汗だくになってしまいました。
風、吹くな。。

CIMG2587-1MilleYen.jpg


そして、1000円札に印刷されている本栖湖の富士山の場所を
人に教えていただき、そこを見に行きました。
1000円札と同じ風景ですので、見てみてください。
富士山は、本当に気持ちよさそうでした。
身延山まで、足を運んだら、おもしろい楽器と出会いました。
誰もいなかったし、小さな音なので、
しばらくチン、カン♪と鳴らして、音階を探して遊びました。
そのうち、気をよくした私は、調子に乗って、「きよしこの夜」気分に。。
鳴らし終り、その雰囲気の違いに、ここは仏教だった。。と大反省。
日蓮聖人さん、ごめんなさい。
さっさと何気に、「メリーさんの羊」に変更。
日蓮聖人さん、楽しいでしょう?
なんて、勝手に会話して、どきどきしてしまいました。。
楽器を触っていた私の真後ろに、なにか気配がするので、
振り返ってみたら、日蓮聖人さんの等身大の像があって、
ウワッ!と驚きました。
近づいて行って、その像をじっと見つめていたら、
なんだか知らないうちに、まぶたが熱くなりました。
冷たい手にそっとさわってみました。
優しく握り返してくれるのではないかという錯覚に陥りました。
遠くには、富士山の頭が見え、それはそれは、美しい風景でした。


いくら美しい場所でも、険しい崖のような山の上ですので、
日蓮聖人さんのように、どんなに修行を積まれた方であっても、
さぞかし寂しかったのではないかと感じました。
彼は、親の愛を唱えたと知りました。
慈しみ深い大きな愛に触れられたような気がしました。
いい事も悪い事も、赦していく。。そして赦してもらう。。
流していく。。流れに乗って流れていく。。
どんぶらこっこ、どんぶらこ。。。
それではみなさまも、ステキな日をお過ごしくださいね。
おすすめの記事