みなさま、こんにちは。
なんだか、急に秋の気分、涼しくなりましたね。
さて、この日曜日は、2部構成で、勉強会をおこないました。
1部は、ワークショップ「グループ療法的な音あそび」で、
生徒の参加者の方々と、ライアーを中心に音あそびをし、
2部は、「うたとライアーの演奏勉強会」をおこないました。
会への参加は、義務ではないので、
会とは別に、アトリエに通っていらっしゃる方も数人いらっしゃいます。
私は、障害のある子供や精神疾患のグループをやっていました。
今回は、今までと違う状況の中、日本の様子もままならないまま、
私自身、眠れない日々を送りながら、
ドキドキわくわくグループ活動となりました。
東京アトリエは、1年目ですので、
生徒さん同士、初めて出会うという方が、大半でした。
私の緊張は、グループに移り、グループの緊張は、私に移り。。
まるで、伝染病みたいです。。笑
そんな中、Non verbel(言葉なし)Communicationで始まりました。
あちこち笑いがもれ出し、私まで、噴出しそうになってしまいました。
ライアー即興自己紹介は、あまりにも面白かったので、2周りしました。
ひとりひとりの創造力というのは、すごいものだと思いました。
この力が、ひとつになったら、すばらしいアートになるのでしょう。。
感動の一瞬一瞬でした。
リズム遊びは、2拍子、3拍子で、楽しみました。
手が忙しいと、足を忘れちゃった方も、良く刻める方も、
冷や汗と気持ちの良い汗をかきました。
「えっ、この人が?」というくらい変貌した方から、
心の奥底でそっと楽しんだ方まで、その表現は違いますが、
少しずつ仲良くなる様子は、私の心もほんのり温かくなりました。
2部は、ライアーのDuoからSextetそして、

Benkyo1


最後に、「全員でアンサンブル+うた」をおこないました。
初めて、フランス語のうたに挑戦した方もいらっしゃいました。
緊張よりも、楽しもうよ、という強い気持ちがじわじわ伝わり、
全体がひとつになって、まるでマユの中にいるような、
安心感が生まれたような気がしました。

CIMG2133Blog.jpg


先生である私も、「間違えちゃったから、もう一回弾こうか。。」
なんて事があったり、
調弦器で、途中で調律したり、いろいろ手間取りました。。ははは。。

CIMG2141Blog.jpg


そして最後には、みんなで写真を撮りました。
後で見て、とっても笑ってしまったのは、私だけ、たて笛じゃん。。
。。まあ、L字調弦器よりは、いいよ。。なんて、友人に言われて、
妙に納得してしまいました。
会の後のお食事も、美味しかったです。
会の用意をお手伝いをしてくださった友人の方々、
そして、がんばって弾いてうたって下さった生徒さんたちのおかげで、
ワンダフルな日曜日となりました!
ありがとうございました。^^
おすすめの記事