こんにちは。
お元気ですか?
最近、ワンコの調子が悪く、動物病院に通う事がありました。
今、この子は7歳、今年10月で8歳になります。
生まれて3か月で家に来て以来、
ずっとお世話になっている病院の先生が、
今回突然言ったひとこと。。
「この子はね、ヨークシャーじゃないですよ。
どっちかというとシルキー・テリア」です。
な、なんだ?今頃。。何を言いだすんだ、このお医者さん。。
ワンコ手帳には、ヨークシャーと記してあるじゃないの!
あなたが、書いた犬種でしょ!
気を取り直して、シルキー・テリアを調べてみると、
「顔はヨークシャーに似ていて、5キロぐらいのワンコ」
「性格が陽気で、愛情深く、歯が強い、毒蛇もいちころ」
ふむふむ、少しでっかいけれど、確かに同じだ。。。
「コートは、シルバーで絹のように柔らかく美しい。。」
うちのワンコの背中を撫でてみると、絹というよりも、化繊の肌触り。
良く見ると、鼻は塩化ビニール、舌はゴム製に見えてきてしまいました。
どこかにチャックがあるかもしれない、なんて冗談言いながら、
突然変った犬種にびっくりしています。
読んでくださってありがとうございました。
良い日をお過ごしください。
おすすめの記事