みなさま、こんにちは。
寒い。。とにかく。。寒いですね。。
こんな中、スクーターに乗る私は、
やはり「変人」ですね。
この冬、家族に中古スクーターを買ってもらいました。
新車の話もあったのですが、
なんせ、盗難が多いので、やっぱり古いのにしよう、
という事になりました。
埃まみれの買ったばかりの中古スクーター。。。
「拭こうか?」
「いやいや、このままで。。」
「泥棒ちゃんが、怖いからね。。」
という事で、スクーターのお目めもお顔も、汚いままです。
U字の車輪を停める鍵があるのですが、
これ、重くて、一度も使ったことがないし。。
私は、スクーターが大好きです。
今まで乗って来たものは、
日本で、真っ赤なキュート、渋い銀色ジョグ・アプリオ、
フランスで、シックな紺色ネオスで、
今、4台目の可愛い水色シーニュスXになりました。

CIMG2199-.jpg
<ネオス とぼけた可愛いお顔です>


CIMG3050-.jpg
<シーニュスX 知性あふれるさわやかなお顔です>


名前をつらつら書いても、知らない方が多いと思いますが、
とにかく小回りが利いて、便利で可愛い乗り物です。
考えてみれば、4台ともヤマハで、
それしか乗った事がありません。。
今回候補として、プジョー、アプリリア、ホンダ、キムコ。。
などなど、いろいろ名前があがりました。
ここにきて、やはり、丈夫さと燃費の良さ、
泥棒ちゃんに人気のないもの(悪い意味じゃない。。かな。。)、
という3つの条件を見事クリアした「シーニュスX」に決まったのです。
フランスのバイクには、時として、
タブリエというエプロンをつけ、防寒します。
スクーターに足を乗せると、こたつ布団のように、
両足にエプロンをかけられるようになっています。
このタブリエも、購入した時からボロボロでした。
「買い替える?」
「いやいや、このままで。。」
「泥棒ちゃんが怖いからね。。」
最近のパリの環状線PCの速度制限が、
80キロ/時から、70キロ/時に変更になりました。
事故が多く、車が仰向けになって火をふいているのを
何度か見た事があり、
こちらの事故の激しさを感じていました。
方向指示器なしで、斜めから突然侵入してくる。。
時々、車線が消えてしまって、どこを走ればよいのか、
まったく見当がつかない。。
そして後方の幅寄せが半端じゃない。。
こんな事は、日常茶飯事です。
もっとすごいのは、
一時停止で止まらず、そのまま横から突っ込んでくる。
信号の色を見ない。
自転車も車道を走り、ヘルメットない人もいる。
人々は、車の多い車道を平気に歩く。赤だってば!
そして極めつけは、
免許がない人が車を運転している。。
大きな声で叫びたくなる時があります。
「このタコ~!ここは、砂漠じゃないんだよ~お。」
という具合に、毎日ドキドキして運転しています。
ここまで書いて読み直してみると、
スクーターって危ないですね。
それにしても、私は、いつまでたっても、
おてんばでございます。。
写真の赤いジャケットは、転倒時に身を守るため、
背中から腕から、硬いプラスティックが入っていて、重いです。
なんだか、先日の甲冑を思い出します。。
気をつけて、周りが避けるくらい、ぶんぶん乗り回します。。
おすすめの記事