こんにちは。
今日も寒い日が続いています。
みなさま、お元気ですか?
本日は、ほ・おぽのぽのについてです。
私が、ほ・おぽのぽのを知ったのは、
5~6年前だったと思います。
日本の合気道の友人が、
可愛らしい小冊子をくださったのがきっかけでした。
この小冊子には、4つの大切な言葉が書いてありました。
面白くて、関連本を数冊読んでみたのですが、
ちょっと引っかかっていた言葉がありました。
「許してください」Forgive me です。
なぜ、この言葉だけが、命令形で、お願いする形なのか。。
という事でした。
他の3つは、
愛しています。I love you
ありがとうございます。(I) thank you
ごめんなさい。I am sorry
という「自分」発車なんだけどな、と思っていたのです。
そんな中、許す事というのは、なによりも、
一番の基礎になる大切な事じゃないかなと感じるようになりました。
他人の言葉や行為は、岩に刻んで、
自分の言葉や行為は、水に流して。。
言われた嫌な事は、忘れられない。
でも自分が言った事は、忘れちゃう。。
そんな事は、たくさんあります。
相手が自分を許す許さないにかかわらず、
まずは自分が相手を許す事から始まるのだと思うようになりました。
許すという感情や行為は、忘れられないけど、
「傷が和らぎ」、「相手や状況を心の遠くに置いておける」、
という事にもつながっていけばいいと思っています。
でも感情的に難しいからこそ、言葉ではっきり表現すると、
上から目線か、交換条件のようになりやすいので、
とても難しい言葉であると思います。
「私は、あなたを許します。」上から目線調
「私は、あなたを許します。あなたも許してください。」交換条件調。。
すべて許せないと、無条件に愛せないし、
すべて許せないと、心から感謝できないし、
すべて許せないと、両手をあげて素直にごめんなさいとは言えない。。
「すべて(自身を含めて)許します。」「。。許す努力をしていきます。」
言葉をちょっとこんな風に工夫しますと、私には、ピッタリきます。
それを大切にしていくと、なんだか、愛も感謝も謝罪も、
自然に生まれてくるような気がします。
愛してるから、許す、というのもありですよね。。
だから、全部はばらばらじゃなくて、
ひとつの壮大な Love なのかもしれません!
しゅごい!
私も、ひとつひとつの事柄に対して、
時間をかけてゆっくりと、「許し」方面に舵を向けようと思います。
ぼ~~~~~~~(汽船の音。。)
おすすめの記事