22日は、発表会&忘年会をおこないました。
今回も、法人活動の一貫である武道と古武術整体の団体と一緒でした。
整体では、寝たきりの人の起こし方なども見せてくれて、面白かったです。

DSC01724 - コピー


ライアー発表は、私が今回帰国してから、
1度しかいらっしゃれない方も、よくがんばってくれたと思います。
「怖い」「弾けない」よりも、
「楽しい」「弾きたい」という前向きで明るい気持ち、
これこそ、音楽アトリエ「ベル」で、大切に育てていきたいものの1つです。
音階は、ゆっくり丁寧にできて、とても良かったと思います。
右手で和音を取って弾いていく小曲は、非常に美しく仕上がり、
おおお~!と感心してしまいました。
5度の即興では、私の方が大緊張。
メロディーが浮かばない、浮かんでも指がついていかない。。
おいおい、大丈夫か~?と自分で焦りましたが、なんとか無事に終了。
1曲目のバッハは、これまた良く弾いてくれました。
難しい曲なのに、緻密さと繊細さが、
J.S.バッハにしっかりマッチしていました。
私のソロもなんとかかんとかクリア。。。かな?
クリスマスの曲は、耳からのみの暗譜で、
優しくリズムの良い音楽になったと思います。
最後の輪奏は、
弾きながらも結構楽しめた?のではないかと思います。
ボーデン・ライアーも参加しました。
調律を変え、リズム兼伴奏を担当していただき、
全体的に、音のゆらぎを充分堪能できました。

DSC01742 - コピー


今回は、バロック時代のアイランドの曲とドイツの曲でしたので、
最後に、フランスで踊っているフランス・バロック・ダンスを観ていただきました。
雰囲気やリズムなど、私などでもなにかお伝えできれば。。と思い、
ゆったりしたリズムのサラバンドを踊らせていただきました。

DSCF6939 - コピー


会も終り、忘年会になると、お腹すいていたハズなのに、
お腹いっぱい、胸いっぱいでした。
スルスル入っていくのは、ビールとワインのみ。。
女子の会話もはずんで、「心がほんわか」会でした。
練習は、してもしても限界がないものです。
失敗を楽しめるような、
悔しいな。。という気持ちが次につながるような、
そういう強い心を同時に作っていければと思っています。
強さは、心根の優しさにつながっていくのだと考えています。
もちろん、私自身にも言い聞かせている。。つもり。。なのですが。。
まあ、一生の課題なのでしょうから、
焦らずに、のんびり、楽しくやっていきたいものです。。
え?酔ってるって?
ほんなことありましぇん。
ブログを読んでくださっているみなさまに感謝です。
おかげさまで、無事終る事ができました。
ありがとうございました。
おすすめの記事