ワンコの誕生日です。
最初につけたワンコの名前は、「タルト・オ・ポンム」
Tarte aux pommes(リンゴタルト)でした。


<初めて家に来た冬のある日(2か月)>
初めての日(2か月)


動物病院で、「リンゴタルト!」と呼ばれた時、
やっぱり変か。。という事で、
「ハッピー」という名前に決定。
しかし!
コチラの人は、「ハ」と発音できず、「ア」になってしまいます。
「アピー」と「アキ」。。
家族からも、犬と間違えられる名前になってしまいました。
トホホ。。
そして、今、呼んでいるのが、
「ショコラッピー」
チョコレート色の犬にハッピーをくっつけて、
「ショコラッピー」
赤ちゃんのことでいろいろあって、やっと気持ちの整理ができて、
飼いだしたワンコです。
でもなかなか愛情が出ず、数年苦しみました。
抱くのも嫌で、煩わしい。
ごめんねと心の中で思っていても、
感情のはけ口にしてしまい、
意味もなく怒鳴ってしまう、叩いてしまう。
なんて愛情がないんだろう。。と自分を責めだして。。
もう自暴自棄の最悪の「輪っか」の中に入ってしまいました。
それでもまあ、月日は、経ちました。
自分の状態が良くなるにつれ、気持ちもラクになり、
可愛くて仕方がなくなり、
今思えば、なぜあんなにギスギスしてたのか、
想像もつかなくなりました。
そんなショコラッピーも、今年で7歳。
熟した女です。
表現が、良くないでしょうか。。
大人の女です。
あっ、これも良くないでしょうか。。


<ショコラッピー6歳の頃>
6歳


まあ、とにかく大きくなりました。
体重もしっかり、7キロ。
とにかくデカい。
普通のヨークシャーは、女の子で3キロ未満らしいので、
2匹分です。
まあ、特した気分になっておこうと勝手に決めました。
しかし、まだまだ伸び盛りの体重は、3匹分へ一直線か。。。
最近、耳が縦に伸びてきたので、
ウサギみたいになってきました。
そこで今度の名前は、
「ショコラパン」
ショコラとラパン(ウサギの仏語)をかけたもの。
ワンコには、どうでも良いようで、どう呼んでも反応するのですが、
「ショコラッピー」
の方が、このワンコに合っているように見えるので、
現状維持でいきます。
おめでとう、ショコラッピー!
こんなに大きくなって、たくさんの笑いをくれて、ありがとう、
です。
エサに5ミリ角のアイスクリームをひとつのせて、
お誕生日の歌を歌いました。
おすすめの記事