きゃ~、東京に帰ってきました。
まったくサウナです。
暑さよりも、このべたべた感。。
かなりこたえます。
朝起きたら、顔が腫れて、目が開かないくらいでした。
日焼け止めを塗ったら、汗で目の中に流れ込んでしまい、
目が痛かったです。
日本帰国した翌日、お盆祭りがお寺であったので、
行って来ました。
切符が、なかなか買えず、やっとあいてた日に戻った翌日が、
お寺のお祭り、父の初盆に間に合ってしまいました。
お寺の奥さまに「よく帰ってこれたわね~。」
と言ってもらえて、とっても嬉しかったです。
これを「仏縁」という事を知りました。
最初に、お坊さんのお話を聞きました。
「これから良くなる。」じゃなくて、
「今、いい。」という考え方でいなさい、
いつまで経っても、「これから」になってしまうし、
感謝がなくなっちゃうよ、という内容でした。
30人以上のお坊さんの斉唱、
太鼓、大きなおりん、複数の小さなおりん、シンバル「鐃(ニョウ)」
などで、リズムや間をとっていました。
「声明」というのでしょうか?
半円、S字、半円に歩きながらの斉唱は、
すれ違う音と音の交差が美しく、
西洋教会の応唱や合唱などのステレオの効果というよりも、
音がどこから聞こえるのか、分らなくなるような、
3Dの世界で、まるで幻の世界にいるようでした。
出席したお檀家さんは、100名近くいました。
その中に交じった両親のお塔婆を見た時は、
涙がボロボロ止まりませんでした。
必需品であろうハンカチもちり紙も忘れて行ってしまい、
カーディガンの袖で、涙も鼻水も拭いてしまって、
まったく子供みたいでした。
お弁当を食べて、一息ついて、帰りました。
「仏縁」美しい言葉です。
帰りは、100均で、猫柄のタオルハンカチを買いました。
簡単に買えて、便利です。
おすすめの記事