はりきって、大豆を900グラム買って、
おなべに全部入れて、水で浸して12時間。
ちょっと大胆過ぎたかな?そう思ったけど遅かった。
朝起きたら、想像してたより膨らんで、おなべいっぱい。。
ニースのマクロビオティック料理教室のエツコさんに、
お豆腐づくりセミナーというものを教えていただいたばかりでした。
そこでいただいたレシピを見ながら作りました。
煮て、ミキサーにかけて、布でしぼって、お湯にかけて。。。と。。。
ここでユバができる。。ハズ。。アリッ?ない。。
でもメモには、そう書いてあるじゃん?
ちょっとおかしいかも。。
大まかな私は、まっいいっかと、気を取り直して、にがりを入れました。
にがりは、Chlorure de Magnésium - Nigari といい、いわゆるマグネシウムです。
発音が複雑で舌かみそうなのだけど。。
少なく入れると固まらない、多すぎてもだめ、そう教えてもらいました。
蓋して、20分ほど待ち、楽しみに開けてみたら、
さっきと同じ状態!
固まってないじゃん!
翌日めげずに、もう一度挑戦。
結果は、やっぱり。。
禁止用語いっぱい出そうで書けません。
エツコさんとこでは、あんなに美味しい物ができたというのに、がっくりです
今日から何日、お豆腐になりそこないの大豆を使った料理が続くのでしょうか。

おすすめの記事