今朝起きたら、すでに6度しかありませんでした。
信じられなくて、温度計を振ってみたりして。
今年は冷夏だったようで、葡萄もあんまり良くないんじゃないか、
ワインも高いんじゃないか、と話しています。
東京に戻っていた私は、
太陽の光を思い切り浴びて、汗をいっぱいかきました。
今年の冬は、風邪をひかないで過ごせそうかな。。
9月3日から、新学期が始まり、
私の行っている施設のクラスにも、新しく入った子が2人いました。
まだ施設に慣れない6歳の泣き叫ぶ子をヨッコラショと抱きかかえ、
椅子に座らせても、目を離したすきに消えている。。
10歳になって急に背が伸びて、私と同じくらいになってた子とか、
なぜかとっても聞き分けの良い子になってたりとか。。
人の目をしっかりと見るようになった子になってたりとか。。
急に足がものすごく大きくなっている子には、びっくり!
頬にキスをする挨拶が習慣の国なので、
子供たちが、抱きついて挨拶しに来た時には、
私の顔から服から、彼らの唾だらけ。
午後突然、誤作動の火災報知器のサイレンが鳴ったら、
5~6人の子供たちが、
その音に合わせて、手拍子でリズムを取って、声をあげて踊っていました。
声というか、奇声かな?
これが音楽に聞こえるんだな。
学校では、すでに暖房が入っています。

おすすめの記事