フィンドフォーンに住む、日本人とスコットランド夫婦が、来仏しました。
そして、パリで現代レイキをやっている岡本さんという方の計らいで、
「スピリチュアルとはなんだ?」 というテーマの2日間のセミナーがありました。
踊ったり、歌ったり、笑ったり、詩を聞いたり、絵を描いたり。。
私は、疲れていたせいもあって、なんだか乗り気が今いちでした。
こういったセミナーにいくつ出たのだろう
子供のような遊びの時間。。。
セミナー前半は、
乗り気もないし、
笑いもしない、
ムスッとして、
トゲトゲして、
めんどうだし、
あくびばかりしていました。
仰向けになって、何か話を聞きながら、
リラクゼーションをしている時、
透明ガラスでできた屋根から、青い青い空が見えていました。
ピピピ。。ピピピ。。と鳥の歌が時々聞こえてきました。
そして、このリラクゼーションのあと、絵を描くことになりました。
クレヨンで描いたものは、背中に羽を生えて飛んでる、
1匹の黄色のブタでした。
そして大きな太陽。
小学校低学年の頃、画用紙に太陽があると、
幼稚っぽくなるから描いちゃ駄目だと、
母親に言われて以来、描けずにいました。
ああ、満足~。
そして私は、小さい頃から、人に預けられたり、いろいろあって、
子供らしい時期を過ごせていなかった。
そういう事を思い出しました。
過去は変えられない。
でも、「今」は、変えられる。
太陽を描くのを機に、突っ走った私の気持ちは止まらず、
幼稚園の子みたいに不器用なクレヨンの持ち方になりました。
自分の子供の部分に触れたのではなくて、
私は、本当に子供に退行してしまいました。
「これはあたしのたいようだお~!!」
人前で、自分の絵について説明しました。
「ブタは、マシュマロのようにフワフワ柔らかい。
ある日、羽が生えてきたので、飛んでみようと思いました。
うまく飛べました。
大きな太陽が、ニコニコしています。
暖かな日差しの中、ブタは気持ちよく飛んでいるのです。
どこか、おいしい食べ物は、ないかな?と探しています。」
乗り気も、トゲトゲも、すぐれない気分も、
もちろん、もうなくなっていました。
絵は、手にできて、形に残るからいいですね。
この絵を見るたびに、嬉しくて仕方ありません。
子供の時に満足できなかった一部分でも修復できて、
とっても満ち足りた気分になりました。
これは大きな心の宝になりました。
スピリチュアルは、遠くにあるものや高尚なものではなく、
自分の内面に触れる事、気づく事、こういう事なのかもしれません。

おすすめの記事