1年に1度パリで行われる、田村先生の合気道セミナーがありました。
去年より人が多く、1日目で400人以上、
2日間合わせて、800人の講習生が集まったそうです。
満員電車の中のような道場で、ちょっと動くと他の人にぶつかって、
ちゃんとしたウケ身なんてとれません。
知っている顔もチラホラありました。
1年ぶりに再会する人とは、遠くから目で挨拶したりして。。
今回は、右膝の痛みを我慢して出かけました。
でも、講習が終った頃は、痛みが半減していました。
ゆっくり動いているうちに、固まった筋が伸びてくれたのだと思います。
去年の夏には、田村先生に「優しい気持になりなさい」
日本の道場の加藤先生には「固まらないで、柔らかく」
そう言われていました。
私と組んだ相手の方は、楽しく組めたかな。。
そう考えながら、お稽古しました。
2m以上もある男性もいます。
マッチョな男性もいます。
また、私が女性だという事を忘れているような人もいます。
思い切り床に叩きつけるような人もいたりして、
そんな時は良い気持はしません。
でも逆に、優しい女性もいます。
柔らかな男性もいます。
相手と手をつないだり、相手の身体に触れて、
相手と自分との間に心地よいリズムを創造できたり、交流できたり、
それを繰り返しているうちに、さらに自分の心や技の深みが増してくるといいな。
さくらが満開の季節、さわやかな講習でした。

おすすめの記事