先週、北アイルランドで製作された、
クリフォードさんという方の制作したソプラノ・ライアーに出会う機会がありました。
共鳴版の張り方が変っているそうです。
工房クラフト展で賞を受賞したそうです。
自然な木の色の組み合わせが大変美しい楽器で、
形が丸く柔らかで、大変可愛らしい楽器でした。
音は、自分の中を一度通った音が、外に向って放たれる感じ、です。
この楽器は、ちなみさんというの方が、パリにいらした時に、
撮影させていただきました。
ありがとうございました。

おすすめの記事