おもに、単音や和音の響きを大切にするドイツの音楽療法と、
リズムを重視するフランスの療法。
フランスには、黒人系やアラブ系フランス人の音楽が多くあります。
複雑なリズムに乗って、歌ったり踊ったりします。
そして、ルネサンスやバロック・ダンスから
クラシックバレエ芸術が生まれた国です。
現在は、圧縮した音を日常に聞いている人が多いので、
どんな感受性の耳になっていくのでしょう。
倍音のない乾いたリズムを聴いて、メタリックな伸びないハーモニーだけしか聴かないと、
どうなっていくのでしょうか?

おすすめの記事